ジョブ子の資格図鑑

ワインエキスパート2次試験受験者必見!白ワインの模範回答例

ジョブ子
ジョブ子
ワインエキスパートの2次試験で出題されるワインって、どうやって勉強したらいいの⁉︎たくさん飲んで品種が正解できれば問題ない??

ワインエキスパートの2次試験は、ブラインドテイストです。

出題されるのは、赤ワイン2種・白ワイン2種・その他の酒類1種ですが、ワインについては「外観」や「香り」や「味わい」のコメントをマークシートで回答します。

正解が明確ではないため、どのように回答すると良いかわからないですよね。

 

そんな方のために、私が飲み比べをしたワインをワインエキスパート2次試験のマークシート形式に沿ってコメントを記載していきます。

ワインエキスパート2次試験を受験される方の参考になれば幸いです。

★2次試験対策のまとめ記事はこちらです

フランス産シャルドネ

フランス産シャルドネ
シャルドネ
は、世界中の様々な地域でつくられている品種です。

そのため、ヨーロッパでつくられたワインと、ニューワールドでつくられたワインの両方があり、味わいにも違いがあります。試験では産地も問われるので、産地の違いが分かるようにしておきたい品種です。

私が飲み比べをしたのは、フランスブルゴーニュのシャブリで生産されている「ウィリアム フェーブル シャブリ」ヴィンテージ2018年です。(写真右)

ワインエキスパート2次試験のマークシート形式に合わせたコメントを掲載します。※あくまで参考なので、これが必ずしも正しい回答ではありません

外観

清澄度澄んだ
輝き輝きのある
色調グリーンがかった、レモンイエロー
濃淡淡い
粘性やや強い
外観の印象若々しい、成熟度が高い

シャルドネの外観は「イエロー」の色調が強く出るワインが多いですが、2018年という若いワインのため色調がグリーンがかっています。

粘性が高いため、「ニューワールドのシャルドネ」と思ってしまいそうですが、香りや味わいをとるまで決めつけてしまうのはNGです。

 

香り

第一印象控えめな
果実・花・植物柑橘類、青りんご、リンゴ、すいかずら、アーモンド、ミント
香辛・芳香・化学物質石灰、火打石、貝殻、ヨード
香りの印象嫌気的な、第1アロマが強い

石灰・火打ち石・貝殻」というようなミネラル香が強く感じられます。そのためソーヴィニヨン・ブランか、リースリングに間違えてしまいそうですが、実はシャブリのシャルドネはミネラリーなのです。

「ミネラル」を表現する際には「ヨード香」も使用します。ヨードは海藻や磯の香りのことで海苔のような香りにも感じられます。

また、このワインはステンレスタンクで熟成するので(一部樽熟成もあり)、ステンレスタンクの香りの特徴である「嫌気的な」という表現もできます。

 

味わい

アタックやや強い
甘味(アルコール)ドライ
酸味しっかりとした
苦み旨味をともなった
バランス溌剌とした、ドライな
アルコール中程度
余韻やや長い

外観も香りもシャルドネらしくないため、味わいで「シャルドネ」であることを判断したいところです。

厚みのある味わいと、旨味をともなった味わいのため、ソーヴィニヨン・ブランやリースリングではないと判断できるとよいのですが。

 

このワインの総合評価としては、エレガントで、ミネラリー」なワインで、供出温度は8~10度グラスは中庸です。

このワインは、Amazon、楽天市場、Yahooショッピングで購入可能です。

オーストラリア産シャルドネ

オーストリア産シャルドネ・フランス産ミュスカデ
続いては、オーストラリア産のシャルドネ

南オーストラリア クナワラの「パーカー フェイバリット サン/パーカー・クナワラ・エステート」ヴィンテージ2017年です。(写真左)

 

外観

清澄度澄んだ
輝き輝きのある
色調レモンイエロー、イエロー
濃淡淡い
粘性やや強い
外観の印象若々しい、成熟度が高い

粘性が強いため、アルコール度数が高いことが予想できます。そのため成熟度が高く、暖かい地域で育てられたブドウであることが推測できます。

 

香り

第一印象開いている
果実・花・植物リンゴ、洋なし、白桃、くるみ、アーモンド、白バラ
香辛・芳香・化学物質石灰、火打石、トースト、バター、ヴァニラ
香りの印象ニュートラル、複雑性のある

シャルドネは樽との親和性が高いため、樽熟成をする生産者が多い品種です。特に、ニューワールドの生産者はリッチなシャルドネにするために樽を使うケースが多いです。

このワインでは、樽香であるトースト」「バター」「ヴァニラの香りを拾うことができます。

 

味わい

アタックやや強い
甘味(アルコール)ドライ
酸味やさしい
苦みコクを与える
バランスまろやかな、ふくよかな
アルコールやや強め
余韻やや長い

シャルドネの味わい(特に酸味)は、栽培地に大きく左右されます。

このワインの総合評価としては、成熟度が高く、豊か」なワインで、供出温度は11~14度グラスは中庸です。

※このワインは、ネットショップで購入できませんでした

フランス産ソーヴィニヨン・ブラン

フランス産シャルドネ・フランス産ソーヴィニヨンブラン
ソーヴィニヨン・ブランも世界中で栽培されている品種のひとつです。

私が飲み比べた銘柄は、フランスロワールのトゥーレーヌで生産される「ドメーヌ・ミショー トゥーレーヌ エクラ・ド・シレックス」ヴィンテージ2017年です。(写真左)

 

外観

清澄度澄んだ
輝き輝きのある
色調グリーンがかった、レモンイエロー
濃淡淡い
粘性やや強い
外観の印象若々しい、成熟度が高い

粘性が高いためニューワールドのワインと思ってしまいがちですが、決めつけてしまうのは早いです。

 

香り

第一印象開いている
果実・花・植物柑橘類、青りんご、メロン、マスカット、すいかずら、ヴェルヴェーヌ
香辛・芳香・化学物質石灰、コリアンダー、香木、花の蜜
香りの印象若々しい、嫌気的な

メロンやマスカットのようなフルーツの香りがとれるため、他の品種に間違えやすいですが、柑橘類や石灰などのソーヴィニヨン・ブランの特徴である香りもしっかり出ているため、香りでソーヴィニヨン・ブランと判断したいところです。

 

味わい

アタックやや強い
甘味(アルコール)ドライ
酸味しっかりとした、ストレートな
苦み旨味をともなった
バランス溌剌とした、ドライな
アルコールやや強め
余韻やや長い

厚みがありふくよかな味わいですが、甘みが少なくドライ、酸がしっかりと感じられるソーヴィニヨン・ブランです。

 

このワインの総合評価としては、エレガントでミネラリー」なワインで、供出温度は8~10度グラスは中庸です。

このワインは、楽天市場、Yahooショッピングで購入可能です。

ニュージーランド産ソーヴィニョン・ブラン

フランス産ソーヴィニヨンブラン
ソーヴィニヨン・ブラン
はフランスのロワール地方やボルドー地方を代表する品種ですが、ニュージーランドでも代表的な品種となっています。

今回飲み比べた銘柄は「Cloudy Bay(クラウディー ベイ)」のヴィンテージ2018年です。(写真左)

 

外観

清澄度澄んだ
輝き輝きのある
色調グリーンがかった、レモンイエロー
濃淡淡い
粘性やや軽い
外観の印象若々しい、軽快な

外観は「リースリング」とよく似た回答になります。

 

香り

第一印象強い、華やかな
果実・花・植物柑橘類、青りんご、パッションフルーツ、すいかずら、メロン
香辛・芳香・化学物質貝殻、石灰、火打石、香木、ヨード
香りの印象若々しい、第1アロマが強い

ニュージーランドのソーヴィニヨン・ブランは、フランス産のソーヴィニヨン・ブランよりも香りが強いことが特徴です。

ソーヴィニヨン・ブランは柑橘系、特にグレープフルーツの香りが強く感じることができます。

 

味わい

アタックやや軽い
甘味(アルコール)ドライ
酸味しっかりとした
苦み控えめ、穏やかな
バランススリムな、スムースな
アルコール中程度
余韻やや短い

ソーヴィニヨン・ブランは味わいもリースリングに、よく似た回答になります。

大きな違いは、香りの強さです。南半球のワインは温暖なため果実の香りが強くなります。

ちなみに、南半球のワインは、若いワインが流通することが多く、ワインエキスパート2次試験で出題される南半球のワインは、若いワインである可能性が高いです。

このワインの総合評価としては、シンプル、フレッシュ感を楽しむ」であり、供出温度は8-10度グラスは中庸のものを選択するのが〇です。

このワインは、Amazonや楽天市場、Yahooショッピングでも購入可能です。

created by Rinker
Cloudy Bay(クラウディー ベイ)
¥2,646
(2021/10/28 15:59:40時点 Amazon調べ-詳細)

フランス産リースリング

フランス産リースリング
フランス産のリースリングフランスのアルザス地方はリースリング発祥の地です。

私が飲み比べた銘柄は、アルザス地方で最も歴史のあるワイナリー「TRIMBACH(トリンバック)」のリースリングのヴィンテージ2017年です。(写真右)

 

外観

清澄度澄んだ
輝き輝きのある
色調グリーンがかった、レモンイエロー
濃淡淡い
粘性やや軽い
外観の印象若々しい、軽快な

リースリングであればフランス産でなくても外観は、「澄んで輝きのあるグリーンがかったイエロー」と覚えておくことが試験的には〇です。

ちなみに、リースリングと似た外観としては、「ソーヴィニヨン・ブラン」があります。

 

香り

第一印象開いている、(控えめな)
果実・花・植物柑橘類、青りんご、リンゴ、すいかずら、アカシア、菩提樹(ぺトロール)
香辛・芳香・化学物質石灰、火打石、コリアンダー、香木
香りの印象若々しい、第1アロマが強い

リースリングの香りの特徴としては、まずは「柑橘系」、そして「リンゴ」です。

また、「アカシア」の香りも拾うことができます。「アカシア」は華やかな印象を持った時に使用する香りです。

ミネラル感」もリースリングの香りの大きな特徴ですが、これは「石灰・火打石」などで表現されます。

 

味わい

アタックやや軽い
甘味(アルコール)ドライ
酸味しっかりとした
苦み控えめ
バランススリムな、スムースな
アルコールやや軽め
余韻やや短い

リースリングは、外観や香りで得た「青っぽさ」から、「ドライで酸味が強くスリム」な味わいが想像しやすいです。

「青っぽさ」は余韻も短くなるため、味わいに関しては回答しやすいと思います。

このワインの総合評価としては、「エレガントで、ミネラリー」であり、供出温度は8-10度グラスは中庸のものを選択するのが〇です。

このワインは、Amazonや楽天市場、Yahooショッピングでも購入可能です。

created by Rinker
エノテカ
¥1,963
(2021/10/28 15:59:41時点 Amazon調べ-詳細)

フランス産ミュスカデ

オーストリア産シャルドネ・フランス産ミュスカデ
ミュスカデ
は、冷害や害虫にも強い耐性がのある品種ですが、個性に乏しい品種ともいわれています。

私が飲み比べた銘柄は、ロワール地方のミュスカデを名乗るAOCの中で最大である、ミュスカデ・セーヴル・エ・メーヌの「ミュスカデ セーブル エ メーヌ セレクション デ コニェット」ヴィンテージ2017年です。(写真右)

 

外観

清澄度澄んだ
輝き輝きのある
色調グリーンがかった、レモンイエロー
濃淡淡い
粘性やや軽い
外観の印象若々しい、軽快な

ミュスカデの外観については、リースリングや、ソーヴィニヨン・ブランとほぼ一緒です。

色が淡い白ワインの外観は、ほとんどこの回答になります。この3品種の中でも、ミュスカデは特に色が淡いです。

 

香り

第一印象控えめな
果実・花・植物柑橘類、青りんご、リンゴ、すいかずら、アニス
香辛・芳香・化学物質パン・ドゥ・ミ(イースト)、石灰、火打石、ヨード
香りの印象若々しい、第1アロマが強い

ミュスカデは香りが控えめなため、判別が難しい品種ですが、「シュル・リー製法」を採用してつくられることが多いため、パン・ドゥ・ミの香りが拾えることが特徴です。

シュル・リー製法とは
アルコール発酵後、澱引きを行わず、澱にワインを長期間接触させておく方法澱由来の風味をワインに取り込むことにより、旨味を高めることができます。ロワールのミュスカデでよくみられる製法。

味わい

アタックやや軽い
甘味(アルコール)ドライ
酸味爽やかな
苦み深みを与える、旨味をともなった
バランススリムな、スムースな
アルコールやや軽め
余韻やや短い

ミュスカデは香りが乏しいことは伝えましたが、実は味わいも乏しい品種です。

シュル・リーによる「旨味」を感じることができれば充分ですが、難しいですね…。

 

このワインの総合評価としては、「シンプルでフレッシュ感のある」、「エレガントでミネラリー」なワインで、供出温度は8〜10度グラスは小ぶりです。

このワインは、楽天市場で購入可能です。

フランス産シュナン・ブラン

甲州
シュナン・ブラン
は、フランスのロワール地方で多く栽培されている品種ですが、南アフリカでも「スティーン」という名前で栽培されています。

今回飲み比べた銘柄は、ロワールのトゥーレーヌで生産される「レ ピエ ロティ シャトー ド クーレーヌ」ヴィンテージ2015年です。(写真左)

 

外観

清澄度澄んだ
輝き輝きのある
色調レモンイエロー、イエロー
濃淡やや濃い
粘性やや強い
外観の印象成熟度が高い、濃縮感が強い

シュナン・ブランの色調は薄い麦わら色から、濃い黄金色まで幅広いですが、基本的にはイエローの色調が強いです。

 

香り

第一印象開いている
果実・花・植物洋ナシ、花梨、白桃、アプリコット、マンゴー、アカシア、白バラ
香辛・芳香・化学物質石灰、火打石、ハチミツ、香木、花の蜜
香りの印象第1アロマが強い、複雑性のある

シュナン・ブランの香りは、蜜のような甘やかな香りと、花梨や白桃のような濃縮感のある果実の香りです。華やかでアロマティックな印象を受けます。

同じように香りの華やかなヴィオニエ」と間違えやすいので注意が必要です。

アカシアは、甘やかな香りを感じた時に使う表現で、白バラは華やかな印象を受けた時に使用します

味わい

アタックやや強い
甘味(アルコール)まろやかな
酸味しっかりとした
苦み旨味をともなった
バランスふくよかな
アルコールやや強め
余韻やや長い

シュナン・ブランの味わいの特徴は、しっかりとした酸味です。ただ、甘味も豊かであることが多く、果実感を感じられるふくよかな味わいに仕上がります。

 

このワインの総合評価としては、「成熟度が高く、豊か」なワインで、供出温度は11~14度グラスは中庸です。

日本産 甲州

フランス産シュナンブラン・日本産甲州
甲州
は、日本を代表する品種で、香りが控えめなため、判別が難しい品種でもあります。

私が飲み比べをしたのは、山梨県の大和町で生産されている「勝沼酒造 甲州テロワール・セレクション 大和」ヴィンテージ2018年です。(写真右)

 

外観

清澄度澄んだ
輝き輝きのある
色調グリーンがかった、レモンイエロー
濃淡薄い
粘性さらっとした
外観の印象若々しい、軽快な

甲州の色調は淡く、グリーンというよりもグレーがかったような、薄い色をしています。

完熟まで待たずに収穫されるため、色調が薄い傾向があります。

また、粘性も低いため、サラッとした印象があります。全体的にフランスのミュスカデと間違えやすいですが、ミュスカデの色調はもう少しイエローに近いです。

 

香り

第一印象控えめな
果実・花・植物柑橘類、青りんご、リンゴ、スイカズラ、ミント、ヴェルヴェーヌ
香辛・芳香・化学物質パン・ドゥ・ミ、石灰、火打石、コリアンダー、ヨード
香りの印象若々しい、第1アロマが強い

甲州はミネラル香が特徴でもあり、このワインでもしっかり拾えることができます。

また味がない品種でもあるため、シュル・リーを行うことが多く、「パン・ドゥ・ミ」の香りも拾うことができます。

フランスのミュスカデもシュル・リーを行うことの多い品種であるため、このあたりもミュスカデと間違えやすい点です。

スイカズラは、白い花でシンプルな甘さを感じた時、ヴェルヴェーヌはハーブの香りを感じた時に表現する言葉です

味わい

アタック軽い
甘味(アルコール)ドライ
酸味しっかりとした
苦み旨味をともなった
バランス溌剌とした、ドライな
アルコール軽い
余韻短い

アタックも、アルコールも軽くて、余韻も短い、サラッとした印象が甲州の特徴です。

甘みは少なく、酸がはっきりと感じられます。シュル・リーによる旨味を感じることができます。

日本酒的な酒粕のような風味を持っている甲州もあります。

 

このワインの総合評価としては、「シンプルでフレッシュ感を楽しむ」で、供出温度は8~10度グラスは小ぶりです。

このワインは、楽天市場、Yahooショッピングで購入可能です。

まとめ

ワインエキスパートの2次試験を突破するためには、ただワインを飲んでいるだけでも、テキストで勉強するだけでも足りません。

飲んだワインを、テキストに表現されている言葉で、表現できるようになる必要があります。

上記は、あくまで参考なので、2次試験の勉強を本格的にはじめる前の、参考として読んでいただけるとよいなと思います。

 

*************************************

この記事は、「ソムリエ協会 2019年度版教本」と「ワインテイスティングの基礎知識 著:久保 將」を参考にしています。

「ワインテイスティングの基礎知識」に関しては、テイスティングについて細分化して説明してあったり、香りの捉え方と、たくさんあるワインの香りの特徴など詳しく説明されているため、とても参考になります。

ワインエキスパートを受験される方の役に立つ参考書です。

created by Rinker
¥1,980
(2021/10/28 01:32:55時点 Amazon調べ-詳細)